top of page

血糖値コントロールで健康的に痩せる方法

更新日:6月26日


夏に向けてのダイエット

 もうすぐ梅雨に入り夏はもうすぐ!夏に向けて体を引き締めたいと考える方も多いと思います。今回は、血糖値コントロールで健康的に痩せる方法についてお話しします。


 

血糖値とインスリンの役割


 食事を摂ると、体内で食べ物が消化され、ブドウ糖が血液中に放出されます。この結果、血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込み、エネルギーの燃焼を助けるホルモンですが、同時に余分なエネルギーを脂肪として蓄える働きもあります。


 血糖値の急上昇を防ぐことが、脂肪の蓄積を抑え、健康的なダイエットに繋がります。そこで、食事の際に血糖値の急激な上昇を防ぐための具体的な方法をご紹介します。


痩せる食べ方


1. 食べる順番を意識する


 ⚪︎野菜を最初に食べる

  食物繊維が豊富な野菜を最初に食べると、胃の中での消化が遅くなり、炭水化物が吸収

 される速度が緩やかになります。その結果、血糖値の急激な上昇が抑えられます。


 ⚪︎たんぱく質を野菜の次に食べる

  たんぱく質を摂ることで、血糖値の上昇をさらに緩やかにすることができます。また、

 たんぱく質は満腹感を持続させる効果もあります。


 ⚪︎炭水化物は最後に食べる

  ご飯やパン、麺類などの炭水化物は血糖値を上げやすいですが、食物繊維やたんぱく質

 と一緒に摂ることで、その影響を抑えることができます。



2. よく噛んで食べる

 よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満腹感を得やすくなります。また、消化酵素が十分に働くことで、胃や腸への負担が軽減され、栄養の吸収がスムーズになります。一口ごとに30回程度噛むことを意識しましょう!



3. バランスの取れた食事

 たんぱく質

 筋肉を維持し、基礎代謝を上げるために重要です。鶏肉、魚、卵、大豆製品などを意識して摂りましょう。


 健康的な脂質

 良質な脂質は満腹感を高め、体に必要なエネルギー源となります。ナッツ、オリーブオイル、アボカドなどを適量摂取しましょう。


 炭水化物

 全粒穀物や野菜、果物など、血糖値の上昇が緩やかな炭水化物を選ぶようにしましょう。



4. 水分補給

 水分を十分に摂ることで、体の代謝が活性化し、老廃物の排出がスムーズになります。また、満腹感を持続させる効果もあります。1日2リットル程度の水をこまめに飲むことを目指しましょう。


 これらのポイントを日々の食事に取り入れることで、血糖値の急上昇を抑え、健康的に体を変えることができます。ぜひ試してみてください。


 

 パーソナルスタジオ ルートでは、姿勢や動作観察のプロである理学療法士が施術、トレーニング指導させていただくので、姿勢や歩き方の改善もお任せください。痛みの原因を探し、根本から変えるサポートをさせていただきます。


東灘区でパーソナルトレーニングジム・整体をお探しの方は、ぜひ【personal studio Route】へ。 皆様のご予約・ご来店をお待ちしております。



↓↓お問い合わせはこちら↓↓



                               personal studio Route

長坂 水紀



Tik Tokにてお悩み相談受付中(不定期ライブ配信)


Instagramはこちら


 

personal studio Route


住所:兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目4ー11 2階

アクセス:JR摂津本山駅から徒歩3分、阪急岡本駅から徒歩7分(コインパーキング有り)

     神戸市バス岡本2丁目から徒歩1分

TEL:070-8457-8173 

 

コメント


LINE無料診断.png
ヘッダー画像(PCサイズ)_edited_edited.png
bottom of page