top of page

トレーニング効果を台無しにする5つのこと

更新日:2023年11月10日



トレーニング

 本日はトレーニング効果を台無しにする5つのことについてご紹介します!

せっかく頑張ったトレーニングが、無駄にならないよう当てはまる行動が無いかチェックしてください。



 

タバコを折る

1. タバコを吸う

 タバコに含まれる有害な化学物質や一酸化炭素が肺のヘモグロビンと結びつくことで、肺の機能が低下し、体中に酸素を運べず筋肉の発達や回復を妨げてしまいます。

息が上がりやすくなり、トレーニングが追い込めない。

 血流が悪くなり、筋肉に酸素も栄養も運ばれず筋肉が増えにくくなる。



トレーニング後のアルコール

2. トレーニング後にアルコールを飲む

 アルコールの分解には多くのエネルギーを必要とします。そのため筋肉ではなく、肝臓へエネルギーを送ることを優先してしまいます

筋肉にタンパク質が運ばれなくなり合成の妨げになる。



健康的な食事

3. 栄養不足

 〇〇制限ダイエットなどが流行っていたりしますが、どれも体を作る上で必要な栄養素です。食べなければ痩せることはできますが、健康的とは言えず長続きもしません。

→重要なことは、バランス良く必要な量だけ摂取するということです。



睡眠

4. 休養を取らない

 体をしっかり休ませない状態でトレーニングを続けてしまうと回復が間に合いません。

筋肉の発達を妨げるだけでなく、怪我をする可能性も高くなってしまいます。



軽いトレーニング

5. トレーニング内容が全く同じ

 筋肉を増やすためには、ストレスをかける必要があります。前回のトレーニングを超えるトレーニング内容にしなければ、慣れてしまい筋肉はストレスを感じません。

トレーニング内容を変える。前回よりも回数を多くする。重い重量で行う。

など内容をアップデートしていくことが重要です。




-まとめ-

 本日は、トレーニング効果を台無しにしてしまう5つの行動をご紹介しました。

当てはまっていた方はこれから注意してみてください!

 最後までご覧いただきありがとうございました。



personal studio Route

長坂 水紀


YouTubeにて健康に関する情報、トレーニング動画を更新中


Instagramはこちら


 

personal studio Route


住所:兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目4ー11 2階

アクセス:JR摂津本山駅から徒歩3分、阪急岡本駅から徒歩7分(コインパーキング有り)

     神戸市バス岡本2丁目から徒歩1分

TEL:070-8457-8173


 



Comentários


LINE無料診断.png
ヘッダー画像(PCサイズ)_edited_edited.png
bottom of page