top of page

ダイエットに効果的な水の飲み方

更新日:4月10日


水とダイエットの関係

 本日は、ダイエットに効果的な水の飲み方についてお伝えします。

 皆さんは、毎日水分をどれくらい摂れていますか?水は、健康的に過ごすためにも重要だということは、普段飲めていない方でもご存知かと思います。実は、飲むことも重要ですが、ダイエットをしている方は、特に飲み方も意識した方が効果が出やすいです。


 今回は、痩せたい方必見の「痩せる水の飲み方」を紹介したいと思います。



 

1.ダイエットと水の関係性


水分補給の重要性

 摂取した水分は、体内の血液となって肝臓や筋肉に栄養を運ぶ働きをしています。なので、水分を摂取することで血流量が増加し、栄養を素早く全身に運ぶことができるようになります。

 逆に、あまり水を摂取できていないという方は、血流量が減少し血液がドロドロになってしまい栄養が運びにくくなってしまいます。


 これがどのように、ダイエットに関係してくるかというと、ダイエットを成功させるためには、代謝を良くすることが重要になります。水分を摂取することで、全身に血液を素早く送ろうと肝臓や筋肉も働くため、エネルギーを使います。


↓要するに↓


 水を飲む→肝臓や筋肉が働く→消費エネルギー増加→痩せる


 

2.痩せる水の飲み方


①飲む量を意識する

 

 1日に必要な水分量は、体重(kg)×30(ml)と言われています。


(60kgの方の場合)

  60×30=1800ml→1.8Lが必要



②少しずつの量で回数を増やす

 

 実は、一気に大量の水を飲むことはおすすめしません。摂取した水分が血液になる上限にも限度があります。なので、一度にたくさんの水分を摂取しても全てを体内で吸収することができず、そのまま尿として排出されてしまいます。



③飲むタイミングを決める

 

 ・朝起きてすぐ

  寝ている間にコップ1杯程度の汗をかいていると言われています。そのため、朝は体内

 の水分が不足している状態になるので朝からお水を飲むようにしましょう。


 ・食事前(朝・昼・晩)

  食事前に水分摂取をすることで、食事で摂った栄養を素早く効率的に全身へ運ぶことが

 できます。


 ・入浴前

  入浴中は汗をかくため、事前に水分を摂ることで体内の水分不足を防ぐことができま

 す。


 ・寝る前

  起きた時と同様、寝ている際に汗をかくため、体内の水分が少しでも減少するのを防ぐ

 ために寝る前にはお水を飲むようにしましょう。



 ④常温か白湯を飲む 

 

 夏はどうしても冷たいお水を飲みたくなりますが、体が冷えてしまうと代謝が低下してしまうため、体温を低下させないように常温か白湯を飲むように意識してください。

 


 

 毎日必要な水分量を摂ることできていましたか?お酒はもちろん、お茶やコーヒーなどでもなくお水をしっかり飲むように意識してみてください。


 飲み慣れていない方からすると大変かもしれませんが、毎日の積み重ねが現在の体を作り上げています。少しずつでもいいので、ぜひチャレンジしてみてください!



 

 personal studio Routeでは、姿勢や動作観察のプロである理学療法士が施術、トレーニング指導させていただくので、姿勢や歩き方の改善もお任せください。痛みの原因を探し、根本から変えるサポートをさせていただきます。


東灘区でパーソナルトレーニングジム・整体をお探しの方は、ぜひ【personal studio Route】へ。



皆様のご予約・ご来店をお待ちしております。



↓↓お問い合わせはこちら↓↓



                               personal studio Route

長坂 水紀



YouTubeにて健康に関する情報、トレーニング動画を更新中


Instagramはこちら


 

personal studio Route


住所:兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目4ー11 2階

アクセス:JR摂津本山駅から徒歩3分、阪急岡本駅から徒歩7分(コインパーキング有り)

     神戸市バス岡本2丁目から徒歩1分

TEL:070-8457-8173 

 


 

Comentários


LINE無料診断.png
ヘッダー画像(PCサイズ)_edited_edited.png
bottom of page